偏った事象について偉そうに戯言をほざくブログです。
生頼範義展01
1/25に生頼範義展にいってきました。




発表で知った時から楽しみだったんですよ。休日は混むだろうから公休平日にとっても少し早くいくつもりだったんですが、一月上旬に風邪ひいてしまったので延期になったとはいえ無事に行けてよかったよかった。

今回の展覧会で粋だなぁと思ったのは、館内に撮影OKな箇所が設けられているところ。おかげさまで「あ、アレも知ってる!コレも見たことある!」と撮影しまくってきました。




生頼範義展02
生頼範義展03
生頼範義展04
氏の装丁した単行本で構成されたその名も生頼タワー。これだけでも凄いのに・・・





生頼範義展05
館内を埋め尽くすかの如く展示された、洋邦問わずの映画ポスターの群れ・群れ・群れ。

あ、ここで出してるのは写真撮っていいものだけで、これ以外に撮っちゃいけない作品もあって、それはそれはすごいことになっています。
当たり前ですが一応念のため。





生頼範義展06
何作かあったゴジラのポスターからこれをチョイス。これ友人と観に行ったんですよ、懐かしいな~。なかなかぶっとんだ展開でしたが。





生頼範義展07
氏を世界に知らしめたスターウォーズ帝国の逆襲のポスター。いやホント日本人離れしたセンスですわ。





生頼範義展08
寺田克也・竹谷隆之両氏による幻魔大戦のベガスタチュー。解説によると、「・・・プラモデルのパーツなど多数利用し・・・」ってことですが、何カ所か「あ、これは!」ってのがありました。私、ベガは映画の大友版がファーストインプレッションなんですが、こちらの人間味のあるベガも良いですな~。





生頼範義展09
SFアドベンチャー誌の表紙から。
私の女性の嗜好に「骨格がしっかりしててグラマラス」ってのがあるんですが、これはもう間違いなく氏からの影響に他なりませんね。責任取ってチョウダイ!





生頼範義展10
生頼さんと言えばオタ界隈に限らず、特に1960~2000年あたりまでの世代にとって非常に影響力を持った方だったと思います。私が物心ついてからふれた映画や小説、ゲームのジャンルで必ず氏の作品に出会っていました。正に不世出、唯一無二の方でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


管理者にだけ表示を許可する
http://onboiraga.blog123.fc2.com/tb.php/374-fb15c1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 煩悩閲覧室 all rights reserved.
プロフィール

オンボ刺蛾

Author:オンボ刺蛾
どなたもどうかお入り下さい。
当閲覧室ではミクロマンやフィギュア
プラモデル等扱っております。

たま~にそれ以外の戯言をほざくこと
もございます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム