偏った事象について偉そうに戯言をほざくブログです。
PT段平04
当初エンジニアブーツっぽい感じにしようかと思っていたのですが

丹下段平=地下足袋

ということで、頭部パーツの元のフィグからつま先を移植しました。ただこのままだと強度に問題ありそうなので複製して一体成型にしてから使うつもりです。


スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

PT段平03
イメージに近い形になってきたのでここらでイッキに作ってしまおうかと思う反面、そうなるとまた欲が出てきてもう少し腕を太くしたほうがイイかな~とか、完成しない病ががが・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ハリー01
今年5月7日に92歳で死去された特撮映画界の巨匠レイ・ハリーハウゼンの追悼企画ということで、丁度キネカ大森でかかっていたハリーハウゼン2本立てを見てきました。
「シンドバッド~」はテレビ東京などの所謂映画劇場系の番組でけっこうやっていた記憶があるのですが、「地球へ~」はテレビで見た記憶もなかったので、今回の2本立てはとても嬉しかったですね~。先月キネカ大森のサイトで上映を知って必ず見にいこうと決めていましたよ!

調べてみると「地球へ~」は日本未公開だったそうで、2000年以降に衛星放送で流れたのが初めてだとか。その割りに劇中に登場するクリーチャー「イーマ」を知っているのは様々な特撮映画系の書籍で必ずと言っていいほど紹介されているからですかね。それを今回劇場のスクリーンで見れたのは嬉しかったな~。

どちらの作品も非常に古いものなので、実は正直なところハリーハウゼンの特撮映像目当てで内容にはあまり期待していなかったのですが・・・ゴメンナサイ、非常に面白かったです。映画ってのは撮り手の主義主張より先ずは娯楽ってのが大事なんだな~ということを再確認させられました。
特に「地球へ~」がイイ!もうね、イーマに感情移入しまくりですよ。基本的にイーマは終始怯えているんですよ。それが画面からひしひしと伝わってきて、着ぐるみで人間が入って演技しているならともかく、人形のストップモーションアニメでこれが表現されているのが素晴らしかったです。仔羊と対面シーンはここからもう一作別の映画が作れそうなくらいの名シーンだと思います。が、ストーリーは悲劇にむかってまっしぐら。人間の勝手都合で故郷から二千万マイルも離れた地球に連れてこられて、何もしてないのに攻撃されて、反撃したら戦車まで出されて総攻撃ですから。最後「進歩には犠牲はつきものだ」とか言われてシメられちゃって、拉致してきた男は女までゲットしやがりますよ、人間が勝手すぎて腹たちます。ケッ!

で、これローマが舞台になっているので、砲撃でぶっ壊されるのが当然ローマの貴重な古代遺跡群なんですが、色々あって攻撃要請が米軍から伊軍にでているので、当然損害賠償はアメリカ持ちになるんだろうな~と愚にもつかないことを考えてしまいました。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 煩悩閲覧室 all rights reserved.
プロフィール

オンボ刺蛾

Author:オンボ刺蛾
どなたもどうかお入り下さい。
当閲覧室ではミクロマンやフィギュア
プラモデル等扱っております。

たま~にそれ以外の戯言をほざくこと
もございます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム